ホーム

このイベントは終了しました。以後のお知らせは、研究会のウェブサイトへどうぞ。

これまで、医療と福祉の日本語教育といえば、EPA(経済連携協定)に基づく候補生の受け入れがある看護および介護領域が中心でした。一方で、看護師や介護福祉士のみならず、医師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門職を目指す日本語を母語としない人も一定数います。これらの人に対する日本語教育の知見の蓄積を目指す研究会のプレフォーラムを、2018年12月8日(土)に開催します。

プログラム

日時:2018年12月8日(土) 10:00-16:30

場所:国際医療福祉大学成田キャンパス


9:30–10:00 開場・受付

10:00–10:15 趣旨説明 山元一晃(国際医療福祉大学総合教育センター)


第1部 医療系留学生のための日本語授業の実例紹介

10:15–11:45 医学専門科目と連携した日本語授業の試み

稲田朋晃(日本語教師)、品川なぎさ(日本語教師)、吉田素文(医師)

医学部留学生を対象に行っている専門科目と連携した日本語授業の試みを日本語教員から紹介します。この試みは日本語教員と医学教員の協働で、発表やディスカッションなどを含むインタラクティブな授業です。その後、医学教員も交えて、その効果、意義などを議論します。その上で、専門日本語教育のひとつの可能性を示します。実践の報告と、医学教員からのコメントおよびフロアからのディスカッションを通して、専門日本語教育の1つの方向を示します。


第2部 医療と福祉の専門職を目指す人に必要なことを考える

12:45–13:45 前半:元留学生の視点から考える

元留学生の医療福祉職従事者、加藤林太郎(日本語教師)

医療・福祉職に携わる現職の元留学生の方が登壇し、自らの経験を元に、専門職になるまでに経験した苦労や、職務にあたっての困難、また、有益だったことなどを赤裸々に語って頂き、日本語学習者の立場から必要なことを考えます。

13:55–16:25  後半:専門職育成に関わる人の視点から考える

石井清志(作業療法士、介護福祉士)、稲田朋晃(日本語教師)、上野興治(社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員)、野村愛(日本語教師)、森井和枝(理学療法士)、保田 江美(看護師)、吉田素文(医師)

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、特別養護老人ホーム施設長、日本語教師が登壇し、前半で議論したことを踏まえながら、医療福祉専門職を目指す人の国際化にあたって、必要なことはなにかを考えていきます。

お申込はこちらをクリック


アクセス

千葉県成田市公津の杜4−3

国際医療福祉大学成田キャンパス

京成電鉄公津の杜駅より徒歩1分(京成上野駅より約60分、成田空港より約15分)

都内・成田空港からお越しの場合、京成本線経由の電車にご乗車ください。成田スカイアクセス線経由の電車は公津の杜を通りません。

「特急」「快速」「普通」が停車します。「快特」の場合、都内からお越しの場合は京成佐倉で、成田空港からお越しの場合は、京成成田でお乗り換えください。

お車でお越しの場合

東関東道富里ICより約10分。大変申し訳ありませんが、学内には来学者用駐車場がありませんので、周辺のコインパーキングをご利用ください。

関東以外よりお越しの場合

成田便がある場合、飛行機でお越しいただくのが最も安く、快適です。札幌・大阪・福岡をはじめ各地より便があります。

2018年7月現在成田便があるのは、新千歳、函館、仙台、新潟、小松、名古屋、大阪(伊丹・関空)、広島、高松、松山、大分、福岡、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島、奄美大島、那覇、石垣です。

高速バスでお越しの場合

成田空港まで高速バスでお越しの場合、「第2ターミナル」でお降りの上、京成本線にご乗車ください。15分程度です。北関東方面からは高速バスが便利なことも多いです。

ご宿泊の場合のご注意

京成成田駅、JR成田駅周辺のホテルをご利用ください。空港周辺にもホテルが多くありますが、これらのホテルは駅から離れており、ホテルのバスにて空港または駅に行く必要があり不便です。

お申込はこちらをクリック